読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み手は、少しでも早い段階で文章の主役(主題)を共有しましょう

ビジネス 仕事術

1. 一度にたくさん運ぼうとしない

文章は情報を載せて運ぶ伝達手段ですが、多くの情報を1つの文に詰め込んで、すべてを伝えようとすると、読み手に大きな負担になるものです。荷物を運ぶときのように、何回かに分けて運ぶようにしましょう。



2. 主役は早く登場させる

主役の登場を待たなければいけない文章は、明快で伝わりやすい、とはいえないものです。書き手と読み手は、少しでも早い段階で文章の主役(主題)を共有しましょう。



3. 読点は、意味の切れ目に打つ

読点(、)は、息継ぎの記号ではありません。1つの文の中で、意味の固まりを視覚的に示すものです。読点は、意味の切れ目で打つようにしてみましょう。



4. 削れる言葉は徹底的に削る

社歴が長くなるビジネスマンほど、文章にムダな言葉を挟みながら、長く長く書いてしまう傾向があるそうです。文字を削っても、伝わる情報が減るわけではありません。逆に言いたいことが、より明確になるので、大事なメッセージを見極めてどんどん削るようにしましょう。



5. 強調する言葉は、控えめに使う

「とても」や「本当に」という強調の言葉は、少しあっさりめに使ったほうが、共感度が高まるものです。強調の言葉を使いすぎないように注意しましょう。



6. 行間を適切にあける

明快な文章は、文字と余白で作られます。行間を適切にあける、周囲のスペースをゆったりと取る、段落のあとのスペースを1行あける、などホワイトスペース(余白)の使い方でグッと読みやすい文章になるでしょう。文章とともに、レイアウトにも気を配りましょう。











【文章力】簡単だけど誰も教えてくれない、明快な文章を書くための6つのヒント | 鹿田尚樹の「読むが価値」




出典:http://www.yomugakachi.com/article/165347403.html

読み手は、少しでも早い段階で文章の主役(主題)を共有しましょうの関連ワード:[ビジネス][仕事術]