読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gender・Location: City、DMA (Code for metropolitan)

スマートフォン・アプリを利用すると、あなたのどのような個人情報が集められ、それらが誰に渡るのか。それらを具体的に明らかにした衝撃の調査レポートを、WSJ(Wall Street Journal)が公表した。

  iPhoneAndroid(アンドロイド)プラットフォーム向けの代表的なモバイルアプリを取り上げ、それぞれのアプリでどのような個人情報が、誰に見られるのかを調べあげた。事例を見てみよう。以下はPandoraのiPhone向け音楽アプリの例である。


(ソース:WSJ.com)

 個人データのタイプとして、次の6種類に分けている。
・User、password
・Contacts
・Age,gender
・Location
・Phone ID
・Phone Number

 そして個人データを見る側として、次の二つに。
・アプリオーナー
サードパーティ
つまり、アプリオーナーまでか、あるいは広告主などのサードパーティーまで個人情報が渡るかである。

 PandoraのiPhoneアプリの場合、次の3タイプの個人情報が集められサードパーティーに渡る。
・Age, Gender
・Location: City、DMA (Code for metropolitan area)、ZIP Code
・Phone ID

 詳細はこちらのページに。Pandora側の意見も掲載されている。


 今回の調査法については、“The Journal’s Cellphone Testing Methodology”で述べているように、iPhone向けおよびAndroidの人気アプリをそれぞれ50本選び、調査を実施した。技術コンサルタントとしてElectric Alchemyを使った。

 FoursquareGrouponFacebookGoogle Maps、NYTimes、TweetDeck、The Weather Channel、Yelp、YouTube、Angry Birdsなど、そうそうたる有力アプリが、まな板に乗せられたのだ。個別に結果を見ることができるし、一覧表も用意されている。一覧表の一部を以下に掲げる。

*代表的なiPhoneアプリの調査結果の抜粋(一覧表はこちらで)


(ソース:WSJ.com)

**代表的なAndroidアプリの調査結果の抜粋(一覧表はこちらで)


(ソース:WSJ.com)


 ここで興味深いのは、おなじアプリでも、iPhone向けとAndroid向けでは、利用される個人情報のタイプが違うことだ。上の例では、Androidアプリのほうが利用される個人情報の範囲が狭い。問題は、こうした実態を知った上で、あるいは知らされて了承した形で、ユーザーがアプリを利用しているかである。この調査結果を受けて、一部アプリ提供者は暗号化対策などを施し始めているようだが。”









メディア・パブ: iPhone/Androidアプリのプライバシー漏洩の実態:衝撃のWSJ調査レポート




出典:http://zen.seesaa.net/article/174017939.html

Gender・Location: City、DMA (Code for metropolitan)の関連ワード:[iphone][Android][ios][security][privacy]