読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞味期限を長引かせるのは結構難しいようだ

■冷凍すると、解凍後にぱさぱさに


 タバコには賞味期限がある。JT広報によると製造してから10ヵ月。買いだめしすぎれば美味しく吸えなくなる心配もあるのだ。


 経済アナリストの森永卓郎さんは今回のタバコ値上げに対する持論を9月23日付けの西日本新聞などで展開している。森永さんは1日に2箱吸っていて、値上げを前に1000箱を買いだめした。禁煙する気はないし、今後、さらに値上げとなってもやめるつもりはない。仮に1000円になったとしても、


  「その前に一生分を買い込んで倉庫で冷凍保存する」


のだそうだ。


 確かにタバコは生鮮品のため冷蔵や冷凍保存をすれば賞味期限が延びるような気もする。今回の値上げでも買いだめした分を冷蔵庫などに入れて長持ちさせる、という人もいるが大丈夫なのだろうか。


 JT広報によれば、冷蔵や冷凍で賞味期限が延びるかどうかの実験はしていないが、「おすすめはしていません」ということだった。


 このあたりの事情を、あるタバコ専門店の店主に聞くと、「紙巻きタバコの冷凍や、冷蔵庫での保存はやめた方がいい」という。タバコには水分が含まれていて、冷蔵すれば凍る。解凍する際に水分が蒸発、タバコがパサパサになってしまうそうだ。冷蔵庫も内部が乾燥しているためタバコの水分が抜けて美味しくなくなってしまう、と説明する。


  「20度くらいの温度で、あまり湿気がなく直射日光が当たらない場所に保管するのがベストです」


 タバコの賞味期限を長引かせるのは結構難しいようだ。










森永卓郎のタバコ値上げ防衛策 「一生分買って冷凍保存」は可能か (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース